配布スタンダード

電話する

無料一括お見積り

MENU

配布スタンダード

TEL:0120-107-209(10~20時)

株式会社DEAL

WEBパト

無料一括お見積り

お役立ちコンテンツ

商圏とは?ポスティング配布エリアの調査目的と作成の流れ

ポスティング

2019.10.22

サムネイル

The following two tabs change content below.
峯 裕真

峯 裕真

配布スタンダードは全国でポスティング・サンプリングを行う会社です。 ポスティング料金にも絶対の自信がありますので、お気軽にご相談いただければと思います。 効果的なチラシの配布、またどのエリアにポスティングを行ったら効果的なのか分からないというお客様もお気軽にご相談ください。
峯 裕真

最新記事 by 峯 裕真 (全て見る)

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

商圏とは、ポスティングを実施する際の重要な要素のひとつです。特に店舗ビジネスでは、的確な配布エリアやターゲット層の選定を行うために商圏調査は欠かせません。
商圏について理解を深め正しい方法で調査を実施できれば、より的確なポスティングを実施できることでしょう。そこで今回は、商圏の概要から商圏調査の目的や作成の流れについて解説していきます。

商圏とは

商圏とは

そもそも商圏とは、店舗や施設などのマーケティングにおいて消費者を集客できる範囲のことを示しています。チラシを配布するエリアには、どんな人が住んでいてどんな立地になっているのかなどを把握することで、ポスティングを実施する際の目安を決められるのです。

そして地域ごとに住んでいる人の層や特性は異なるため、商圏調査を行い様々なデータを集める必要があります。

具体的には、

  • 人口特性
  • 交通量や通行量
  • 地域周辺の立地や施設

などです。

商圏を調査する上で最も基本となるのが、地域の世帯数や世帯所得、年齢層や男女比などの人口特性になります。どんな層の消費者が多く住んでいるかを知ることで、配布するエリアを絞ったり反響率の高いチラシを制作したりすることにつながるのです。

また商圏というとターゲット層にフューチャーしがちですが、どこに人の流れが集中しているのかといった交通量や地域周辺の立地・施設にも目を向けたいところです。

例えば大型の商業施設やテーマパークなどの人が賑わっている場所があれば、遠くから訪れる人もそれなりにいます。その際の経路に自社の店舗があるなら、多少離れているエリアの住民でも商圏としてポスティングの配布エリアになるのです。

もちろん時間や曜日、季節などの様々な要因も絡んでくるため、より具体的な調査をする必要があるでしょう。

さらに店舗側の業種や業態によっても商圏は変わります。例えば自社や他社を含めてかなりの店舗数があるコンビニは商圏が狭くなりますし、店舗数の少ない車のディーラーなどは遠くのエリアからも訪れる消費者がいるため商圏は広くなるのです。

適切な商圏エリアを決めるためにも、各自の状況に合わせた条件などを設定する必要があるでしょう。

商圏調査で見えてくること

商圏調査をすることで、その地域に住んでいる消費者の動向がつかめます。例えば徒歩や車で来店できる範囲には、どんな年齢層や職業の人が住んでいるのかがわかるため、狙っているターゲット層へ的確にチラシを配布することが可能です。

そして配布エリアを絞る際に、店舗までの経路の障害となるものを把握できます。具体的には山や河川、線路や駅などの迂回しなければならない場所や施設です。

消費者が来店する際に遠回りとなる要因を突き止めることで、距離的には近くても来店するまで時間がかかり店舗へ訪れる可能性が低い住宅へのポスティングを控えられます。無駄な配布を減らし費用対効果を高めるためにも、こうした状況を想定して考えなければならないのです。

また近隣の競合店などを調査することで、自社の店舗へどんな人が訪れやすいかを推測することもできます。顧客層や客単価を調べればターゲット層を定める指標となり、集客状況などが分かれば自社での改善に活用できる情報が出てくることもあるでしょう。

自社のマーケティングを効果的に実施するためにも、商圏調査はとても理にかなっているのです。

商圏調査の目的と作成の流れ

商圏調査の目的と作成の流れ

商圏調査の目的は業種などによって異なりますが、基本的には店舗や施設へ集客するための情報を集めることです。例えば何もデータがない状態で闇雲にポスティングを実施しても、効果が得られるとは思わないですよね。

消費者の興味や関心を引きやすくするためにも、どこにどんな人が住んでいるのかなどを商圏調査するのです。

では具体的に商圏調査は何を目的として作成すればいいのでしょうか。ここでは大まかな商圏調査の目的や作成の流れについて解説していきます。

チラシ配布エリアの特定

ポスティングにあたって、まずは店舗からの商圏がどの程度の範囲かを特定することが必要になります。なぜなら範囲が広すぎると無駄にチラシを配ることになりますし、逆に範囲が狭すぎると集客効果が薄くなるからです。

配布エリアを特定するにはいくつか方法があり、

  • 距離
  • 時間

などで商圏を設定します。

例えば距離の場合だと、地図上で店舗を中心に半径5kmの円を引くなどで範囲を決めます。すると住宅と店舗を結ぶ直線的な距離がわかるので、それを基準として配布する目安になるのです。そこから山や河川、線路などの障害となる要素を加味することで、より細かい範囲を設定したりもできます。

そして時間で特定する場合は、様々な移動手段を想定して考えます。例えば店舗までの時間を20分に設定するにしても徒歩や自転車、車などで全く範囲が変わるからです。都市部では徒歩+電車などの複合的な交通手段も豊富なので、様々な観点から調査してみるのもありでしょう。

ターゲット層の多い地域を限定

できるだけ費用対効果を高めたいなら、ターゲット層の多い地域に限定してポスティングを実施したほうが効率的です。

例えばファミリー層向けの店舗や商品を宣伝するのであれば、集合住宅や少し間取りの広いアパートなどの家族向け住宅を特定してチラシ配布を行います。ジュエリーショップといった富裕層をターゲットに見据える場合、高級住宅街などが狙い目です。

具体的な方法としては、国税調査や住宅・土地統計調査などで得られる推計値を用いてエリアを特定します。地図上でターゲット層が多いエリアを塗りつぶし、細分化する場合は色別で分けるとより可視化されて把握しやすくなるでしょう。

狙っているターゲット層が多いエリアを特定できれば、スタッフの配布効率が良くなります。自社の従業員が配布しているのなら、リソースを削減することにつながり通常業務へ支障も減らすことが可能です。

見積もりを作成

実際にポスティングを行うとどの程度の費用がかかるかも把握しておきましょう。あまり予算が掛からないだろうと思っていても、いざ実施してみると予想以上の金額になる可能性があります。

そこで行うのが見積もりの作成です。ここではポスティングを実施する際にかかる費用の大部分であるチラシの作成に着目してみましょう。

チラシの作成で具体的に必要なのは、

  • チラシデザインの製作
  • チラシの印刷

などがあります。

この中でもチラシデザインの製作は、無料で製作することも可能です。

例えば、

  • 画像素材サイトの「PIXTA
  • パワーポイント用のテンプレを提供している「パワポン

などのWebサイトでチラシ用のテンプレートが配布されています。

これらのテンプレートを利用すれば、それなりのクオリティのものを製作することができるのです。

しかしよりクオリティの高いチラシデザインにする場合は、ポスティング業者やデザインを専門とした製作会社に依頼した方が良いでしょう。具体的な相場は、チラシのサイズや企業の規模にもよりますが2万~10万円程度です。

チラシの印刷も同様にサイズや片面・両面印刷によって異なり、1枚1~10円程度の相場となっています。

量が増えるほど1枚あたりにかかる金額は安くなる傾向ですが、大量に発注しすぎてチラシが余ってしまっては意味がありません。特定した配布エリアからどの程度の量を配布するのか想定し、チラシデザインの価格と合わせて正しい見積もりを出しましょう。

競合店の調査

反響率の高いポスティングを実施する上で大切になるのが競合店の調査です。なぜなら自身の店舗が非常に優れているサービスを提供していても、他店と同じ内容だと消費者には伝わりにくく顧客は行きなれた場所へ通うからです。

特に新規で顧客を獲得しようと思う場合、すでに地域へ浸透している同業他社の店舗があると、思ったほどの効果が得られないことも。他店との差別化を図るなどで消費者が店舗へ来店したくなるよう工夫を凝らす必要があります。

調査の具体的なものとしては、

  • 営業時間や定休日、座席数
  • 商品メニューや価格、品質
  • 駐車場の台数や面積、回遊性などの立地条件
  • 広告宣伝媒体や宣伝回数、宣伝エリアや宣伝内容

などです。

特にこれからポスティングを実施するのであれば、競合店と比較できるデータを商圏調査で集めることでもマーケティングの参考になります。他店の宣伝広告情報にアンテナを張っておき、自社の強みや競合店の弱みを把握し宣伝に活用しましょう。

商圏調査で地域性を知る

商圏調査で地域性を知る

地域によって消費者の特性やライフスタイル、家族構成などの要素は様々です。ポスティングを実施するなら、そのエリアにマッチした内容のマーケティングを行うことが重要になります。

特に店舗ビジネスの場合、一度出店すると簡単に移転したり商圏を変更したりすることができません。そのため設定した商圏エリアの地域性や住民性に合わせて、柔軟な戦略を検討する必要があります。

そこでまず挙げられるのが、上記で何度も述べている地域の人口や世帯などの「人」を知ること。

具体的には、

  • 年齢層や家族構成
  • 職業や収入
  • ライフスタイル

などです。

住民がどんなことに興味を持っているのかというニーズを把握することで、反響を得るためのマーケティング戦略が見えてきます。

そして商圏地域の土地や気候などの特性について、理解を深めることも大切です。例えば冬に積雪のある地域だと、休日でも雪の降る日には外出を控える人が多くなるため、イベントやフェアーを開催しても客足は少なくなります。

また公共交通機関があまり活発ではない地方部では、主な移動手段が車となるので徒歩の人が多い都会よりも商圏を広く取れる可能性があります。

このように様々な要因で地域の商圏は変動するため、新しい土地でビジネスを行うには商圏調査で地域性を知ることが非常に重要なのです。

GIS(地理情報)システムを使用しデータを駆使したポスティング

 

地域に根付いたマーケティングを実施するなら、商圏調査は欠かせないものです。もちろん認知度向上や販売促進に繋げるポスティングにおいても、その重要性は変わりません。

特に配布エリアやターゲット層を選定する際に地域情報があるのとないのでは、反響率や費用対効果にかなりの違いが出てきます。効果的なマーケティング戦略を打ち出せるよう、商圏調査を怠らないようしましょう。

そしてポスティングのプロである配布スタンダードでは、GIS(地理情報)システムを利用することで最適化した配布エリアやターゲット選定を実現できます。コストを最小限に抑えながらも、効果の高いチラシ配布を行えるのです。

そのため的確な商圏エリアを設定し無駄のないポスティングを実施するのであれば、商圏調査からポスティングまで柔軟に対応している配布スタンダードへお気軽にご相談ください。

名古屋のポスティングは東海配布
東京23区のポスティングのことなら関東配布
サジェスト対策・MEO対策の事ならWEBパト